初めての種まき

種からお花を育てました。お花を育てるのは小学校のころにみんなで育てた「あさがお」以来のことです。

なぜお花を育てようかと思ったのかは、最近始めたウォーキングでご近所さんをプラプラ歩いていて気がついたのですがどこのお宅も玄関周りをお花でいっぱいにしてあったのです。
我が家もこんな風にきれいにしたいと思い花の種を蒔くことにしました。

どんな花の種をまけばいいのか分からなかったのですがきんぎょ草という花の種を買うことにしました。
今までお花に興味がなく植木鉢もスコップもないのですべてそろえることにしました。といってもすべて100円均一です。
植木鉢に小石を敷いて、花用の土を入れてきんぎょ草の種を上からパラパラと蒔いて軽くもう一度土をかけて肥料を少し蒔いてみました。

最初にたくさんお水をあげると種が腐っちゃいそうな気がしたので少しずつお水をあげました。芽が出るまでには約2週間くらいかかりました。
この間に本当に芽が出るのかとヤキモキさせられたのですが、芽が出てからはとても順調に育ちました。
赤、白、黄色と本当にきんぎょの尻尾のような花がたくさん咲きました。育てて見ると本当に我が子のように可愛くなるものなのですね。

毎朝きんぎょ草を見るのが私の日課になりました。5月に花の種をまいたのですが11月現在もまだ花が咲いています。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WordPress Themes